BWR(沸騰水型原子炉)とは

Contsnts menu

ホーム
JBOGとは
JBOGの検討体制
加盟会社及びステア
リング会議委員名簿
JBOGの体制図
各ワーキンググループ、
サブワーキンググループの紹介
トピックス項目
トピックス毎の説明

JBOG会員 Login

ID

Password

BWR(沸騰水型原子炉)とは

 原子炉には、いろいろな種類がありますが、冷却水に水(水といっても不純物をふくまない純粋な水で、純水と呼ばれます)を使っているものを軽水炉といいます。 さらに軽水炉には、「沸騰水型軽水炉(BWR)」と「加圧水型軽水炉(PWR)」の二種類があります。 「沸騰水型軽水炉(BWR)」は、原子炉の中で発生した熱で水(冷却材)を沸騰させ、高温高圧の蒸気にして、そのまま直接、タービン発電機へ送りこむ構造のものです。

BWR(沸騰水型原子炉)とは

関係・関連リンク

BWR電力会社
東北電力
東京電力
中部電力
北陸電力
中国電力
日本原子力発電
電源開発
メーカー
東芝
日立GEニュークリア・エナジー
その他
日本原子力技術協会
日本原子力産業協会

日本原子力技術協会 原子力施設情報公開ライブラリー「ニューシア」